タイってどんな国?行ってみて分かったこと、驚いたこと

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!

今回は初めてタイに行った僕が困ったこと、驚いたこと、基本情報について書いていきます。

 

 

タイの基本情報

まず初めにタイの基本情報を書きます。

言語 タイ語

通貨 バーツ 1バーツ=約3.4円

首都 バンコク

ビザ 観光目的であれば30日以内であれば不要

電圧 220V 、50Hz

プラグ A型、BF型、C型

ちなみにA型は日本と同じなので変換プラグさえあれば使えます。

入国審査カードには必ず宿泊施設を書こう!

入国審査カードには必ず宿泊施設を書きましょう!

もし決まってなかったとしても適当に書いておきましょう。なぜならまだ決まってないと説明しても入れてくれません。

実際にタイに行った時は入国拒否をされました。なので泊まる可能性のあるホテルを書いて入国しました。

自信のない方は地球の歩き方などの本には書き方がしっかり説明されているので先に書き方を知っておきましょう。

 

タイにはお酒が買えない時間がある

日本ではいつでもお酒は買えますがタイではお酒が買うことのできる時間が決まっているんです。コンビニやスーパーの店頭に並んでいたとしてもです。

お土産にビールをスーパーで買おうとした時に断られたのでびっくりしました。

タイでは11:00-14:00、17:00-24:00の時間帯にしか購入することが許されていないそうです。他には仏教関係の祭日と選挙の前日、当日も買えないそうです。

ですが買えないだけであって飲酒してはいけない訳ではないそうです。

 

日本の食べ物がだらけ

タイには日本のお店が多くあります。どれも完成度が高く美味しいです。

スポンサーリンク Booking.com

僕が一番のオススメはセブンイレブンで買えるシャケのおにぎりです。

値段は約80円ぐらいだったと思いますが、味は日本のおにぎりと全く同じのクオリティでした。

タイで日本の食べ物を食べたくなったらセブンイレブンに行って是非食べてみてください。絶対驚きますよ!

 

お土産はスーパーがお得

海外旅行に行く人は知っているとは思いますがお土産はスーパーで買うとお得に買うことができます。

タイのお菓子、タイの家庭で使われているタイ料理のペーストなど様々なものが安く買うことができるのでバラマキ用のお土産を買うならスーパーで買いましょう。

僕はスーパーでトムヤンクン味のプリッツとマッサマンカレーのペーストなどを買いました。どちらも日本円で約50円ぐらいです。

 

まとめ

どうでしたか?

タイでは日本とは違う部分は多くあります。最初は戸惑うことはあると思いますが日本とは違う文化に触れてみるのも新しい発見があったりして楽しいですよ!

タイは海外旅行初心者の人でも安心して行けるし、食べ物は美味しい、タイの人はとても優しいので是非行ってみてください!

自分の世界が大きく広がりますよ!

スポンサーリンク Booking.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA